「高収入を得られるかはあなたのやり方次第!」

クライアントのライフスタイルや、収入と支出、住宅ローンや学資ローンなどのお金に関すること、家族構成や将来の展望を知り、情報を分析することによってライフプランニング、資金計画のアドバイスをするファイナンシャルプランナー。
そんな仕事に就く彼らの年収はどれくらいなのでしょうか?

企業に所属するファイナンシャルプランナーの年収は、下は約300万、上は2,000万円とも言われています。
もちろん、その企業、会社によって提示される金額は様々です。

独立する、という手もありますが、こちらもピンきりです。クライアントが得られなければ無収入の人もいますし、逆に顧客を多く抱えることが出来たら、企業に所属している場合よりも多いことだってあります。

つまり、ファイナンシャルプランナーの年収は、一概にいくら、というわけではなく、企業であろうが、個人であろうが、クライアントの信用と信頼を得て、その数を増やすことにより、収入が比例すると言えます。
より多い年収を望むのであれば、企業に就くか、個人にするか迷うのではなく、「どうすれば顧客に魅力的なファイナンシャルプランナーになれるのか」を考えましょう。

FP技能検定だけではなく、AFPやCFPの資格を取ったり、金融に関する他の資格、社会保険労務士や不動産に関する勉強をして、知識の幅、技術の幅を広げるのも有益です。
そして何より、その知識を使って、クライアントに分かり易い資産状況の説明、ライフプランニングのプレゼンテーションをすることにより、「この人になら任せてもいい」と思ってもらえるような姿勢を見せることが重要です。